耳鳴りには様々な原因がある|改善策はシンプル

医師

購入する前に

鼻を押さえる女性

補聴器の販売店は、購入する前の段階を大切にしてくれるところを選びましょう。詳細な検査を行うところは良いお店と言えます。スタッフに補聴器認定技能者がいれば、さらに安心することが出来るでしょう。

More...

いろいろなタイプがある

耳に手をあてる人

補聴器には大きく分けて二つに分かれていることをご存知でしょうか。 イヤホンのように耳に入れるものと、耳に引っ掛けて使用するものがあるので自分の好みの方を選ぶ事ができます。

More...

安全性を重視しよう

看護師

補聴器を付けるなら安全性に定評のあるものを選びましょう。理解した上で集音器や助聴器を購入されるのは問題ありませんが、医療機器の性能と安全性が生み出す最終的な聞こえの良さというものとは全く違ったものになります。

More...

原因を知ろう

ナース

補聴器の価格について

聴力の低下や難聴など様々な理由で補聴器を使用する人は多いですが、初めて購入する場合などは特にそうですが選び方を迷ってしまう人も多いです。もちろん、補聴器を購入する時は医師や専門家などに相談して試したりしてから購入する形になる訳ですが、認定補聴器専門店は全国に600店弱しかなく全体の10%ほどです。選び方は高価なものだから良いという訳ではなく、自分に合っているかどうかが重要です。価格に関しては2万円前後の商品が人気ですが、もっと高価な骨伝導式の10万円を超える商品も多いです。補聴器に関しては、障害者手帳の保持者には難聴の程度に応じて支給されたり、補助される事も多いです。住んでいる自治体などに相談する事も大切です。

最近のものはデザインにも優れている

聴力が低下した事を実感したり指摘されても補聴器を購入するのを躊躇してしまう人も多いです。自覚してから平均して7年も掛かるとも言われているのですが、なるべく早い段階で使用した方が効果的です。しかし、これだけ使用が遅くなってしまうのは補聴器の選び方において、目立つものばかりと言うイメージが強いのも理由の1つです。最近では、耳の穴にすっぽり収まるので目立たない超小型なものも多いですし、使用している事がほとんどわからないものまで選び方次第で自分の理想のものを見つけやすくなっているのです。また、老眼鏡などの様に必要な時にだけ使用するという使い方も一般的になってきており、補聴器のイメージが昔とは変化してきているのです。

食生活を改善しよう

普通に過ごしていても何の前触れもなく急に耳鳴りがすることがあります。それには原因があるので頻繁に起こる人は知っておくのもいいでしょう。年を取る以外にも、偏った食事を続けることで耳鳴りが起こる場合もあります。そうならないためには一日三食取り、バランスのいい食生活を心がけましょう。また、耳鳴りが治らないなら重大な病気の前触れということもあり得るので、専門の病院に行き詳しく検査するといいでしょう。